Category: Blog , ゲーム
Blog

PS5の情報が出たので思うことを書いてみた(スペックや機能等)

PS5の情報が出たので思うことを書いてみた(スペックや機能等)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • line

先日、ついに公式情報としてPS5に関する記事が出ました。

とはいうもののプレスリリースとかではなく、マーク・サーニーさんという開発に携わってる方のインタビューとして公開されました。

特報:ソニーの次世代ゲーム機「PS5」は、革命的なマシンになる|WIRED.jp

これについて思うことをつらつら書いていこうかと思います。

インタビュー内容

今回のインタビューでマーク・サーニーさんが話された内容を箇条書きにすると、、、

  • 2019年内の発売はない
  • CPUはAMD RyzenのZen2
  • GPUはAMD RadeonのNavi
  • 専用のSSD採用?
  • 8K対応
  • レイトレーシング対応
  • 3Dオーディオ
  • PS4互換
  • 現行のPSVR対応

と、これだけ書くとユーザーが望んでたこととか現在のトレンドとかをすべて入れました的な印象を受けるのですが、これって本当にCS機で出るのってレベルですね。

ただ、「これがPS5です」と言ってるわけではなくあくまで開発機ベースでぼやかしながら語ってるっぽいから全部が全部このまんまの形で発売されることはないかなぁ。

2019年内の発売はない

これはこれまでのリーク情報とか今までの発売スケジュールとかから皆が予想してた通りなのでは?

多分2020年発売になるだろうと思います。

このタイミングでインタビュー記事とは言え公式の情報を公開したわけだからここから2年も開くとは思えない。

希望としては2019年内に正式に発表して2020年の前半に発売ですね。

2020年の10月11月が大本命なんでしょうけど、それだと今から間空きすぎですよね。

情報戦として、Google,Apple,マイクロソフトに押されてたから早めになにか情報出しときたかったんでしょうけどね。

CPU・GPU

これも予想通りですね。

ただZen2とかNaviとか言ってもランクは色々ありますからどの程度のものを採用するのかは不明。

私の予想はGPUはNaviのハイエンドクラス(PS4proのときRX480クラスを採用したから)、CPUはRyzen5クラス(ゲームはCPUよりGPU重視でコストを考えて)。

どちらも7nmプロセスでPS4から比べるとかなりの進化です。

2019年4月現在ではどちらもまだ発売されていない最新CPUとGPUです。

専用のSSD採用?

SSD採用らしいのですが、記事を読んでみると「特別なSSD」という書き方をしています。

普通のSSDじゃないの?もしかして自分で換装できない?

これに関してはデモプレイをしたらしく、PS4だと15秒かかるファストトラベルのローディングが0.8秒になったとのこと。

この事実からSATA接続ではなくNVMeのSSDだろうと思う。しかもそれを専用にカスタムしてるのか??

私は次世代機でもSSD採用はないと思ってたのでこれはびっくり。なぜならコストかかりすぎるから。

PS4よりももっとゲームが大容量化すると考えて最低でも1TBはほしいですよね。

NVMe SSD 1TBを標準搭載なのか?コスト大丈夫か?

ちょっと思ったのが、この専用のSSDなるものをキャッシュとして扱うというのかもしれないなと。

HDD→専用SSD→メモリ という感じ。

HDDはこれまで通りユーザーでSSD換装OKで、専用SSDは128GB・256GBくらいで取り外し不可。

ゲーム立ち上げ時にメモリと専用SSDにデータロードし、ゲーム開始してからも裏で専用SSDにゲームで使うデータをすべて読みこんでおく。

専用SSDにゲームデータ読み込み完了してからは専用SSD→メモリのやりとりのみ。

こうするとゲーム立ち上げ時以外は高速になりますよね。

プレイするゲームの分だけ容量あればいいから多くても256GBあれば足りますし。

どうだろう・・・?無いかなww

8K

8Kはないわーw

しょぼいゲームなら8Kでできるってことですか??

多分だけど、HDMI2.1採用で8Kの映像も流せるよってことなんじゃないかと思ってます。

8K動画見れるよってこと。上記のスペックで8Kゲームは流石にないでしょう。

レイトレーシング

これも上の8Kと同じで結構きついと思いますね。

まぁ技術的に対応可能にしておいてトレンド確保ってとこなんじゃないかと。

現行最高の20万円くらいするRTX2080Tiでもレイトレーシング使うと4Kは厳しいし。

AMD最新のNaviですがRTX2080Tiより性能下なのは確実。

8Kも含めてだけど、次世代機では4K60fpsというのを一つの目安にしてほしい。

通常は4K60fpsでレイトレ有りは1080p60fpsになるみたいな感じになると思うけど。

このGPUで1080p60fpsも怪しいところだしゲーム作る際に無理に採用しなくてもいいよね。

3Dオーディオ

これはいまいちよくわからないんだけど、よりリアルな音場を作り出すってことらしい。

レイトレーシング技術で音の跳ね返りとかをリアルにシミュレートできるっぽい。

レイトレーシング技術使うならこっちの方が恩恵ありそう。

負荷もグラフィックより少ないだろうし。

PS4の互換

あれば嬉しいと思っていたPS4の互換が明言されました!やったー!

現行のPSVR対応

これもやったー!

PS4の互換はあったとしてもPSVRはどうなんだろうと思ってたのですが。

ただ、新型のPSVRについては何も語られてなかったのでそのへんの兼ね合いはどうなるんだろう?

PSVR2でもPSカメラ使う気か??

まさかPSVR2でも現行のPSカメラでライトのトラッキングではないよね??


とまぁこんな感じです。

気になるところは価格ですが、これはまだ隠されてました。

本当にインタビューで言ってるような内容だと結構高くなりそうな予感です。

一部逆ザヤで発売なんて情報も出回ってるくらい。

PS3の大赤字のこともありますから大きな逆ザヤはしないだろうけど、あまり安いと言ってることと違ってくるしなぁ。

PS4proの発売時の価格が44,980だからこれを大きくは超えてこないと思います。

高くても49,980??これでこんなハイスペック機作れるの?

この段階ではまだまだ情報足らずなので正式発表を待つばかりです。


色々と書きましたが私はどんなスペックでどんな価格でも買いますw

なぜならHORIZON ZERO DAWNの続編がでるから!!

これはSIEのタイトルなので他のプラットフォームでは出ないんですよね。

あとは次期PSVRですね。

なんにせよSONYには期待しています。


おもしろかった・役に立った
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • line
▼ブログランキング参加中!クリック!▼
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください