Category: Blog , AV・家電
Blog

BenQ HT3550のファームウェアアップデートに失敗して修理対応に!アップデートは自己責任で!

BenQ HT3550のファームウェアアップデートに失敗して修理対応に!アップデートは自己責任で!
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • line

HT3550のファームウェアアップデートに失敗し、有償修理対応になりました。

その際にBenQサポートから聞いた内容とか含めて経緯を書いていこうと思います。

結論から言うと

日本国内販売品のファームウェアアップデートは完全な自己責任で

アップデートについてはこちらをご覧ください。

※2019/11/28追記
ファームウェア1.0.4もまたエラー?

ファームウェアアップデートに失敗

2019年10月9日のお昼頃に私がいつもチェックしているUSサイトでファームウェアバージョン1.0.3が公開されてました。

ファームウェアバージョン1.0.3

なので早速DLしておきました。

日付は10/8になってますが、US時間なのでおそらく公開されてからほんと間もないタイミングで見たんだと思います。

DLしてから数時間後の夜に実機でファームウェアアップデートを実行。

今思えばこのタイミングでもう一度ファームウェアのページを確認しておくべきでした。

ファームウェアアップデートを実行してから数十分間ファンは唸ってるけど何も表示されず…

以前1.0.2にアップデートしたときに出てた表示とかも出ず、これはおかしいと思いつつもどうしようもなくて…

最終強制的に電源を落としました。

案の定それ以降おかしくなりました。

電源はつくしランプも光るんですが、立ち上げ後「BenQ」のロゴが表示された以降は何も表示されない状態に。

やっちまったな…と思いながらなんとなくファームウェアのページを見てみると

1.0.3が消えてる!

公開されてるファームウェアが1.0.3から1.0.2に戻ってたんですよ。

マジかと…

アップデートする前にサイト確認してればアップデートなんかしなかったのに…と悔やまれます…

修理対応

さすがにこのままおいておけないのでBenQサポートに連絡しました。

質問の内容は

  • この状態から復旧できたり初期化できたりする方法はないのか
  • なければ修理依頼するが費用はかかるのか。その場合いくらほどかかるのか

その際、最初にもらった返答が以下の内容です。

ご申告の状況より、お手元で改善する手段はございません。

修理にて対応させていただく必要があるかと存じます。
ファームウェア更新失敗による故障となりますと、保証規定外のため、有償修理となります。

概算としましては、少なからず、作業費用15,000円(税抜)のご請求が予想されます。

15000円か…結構高いですね…

なんにせよ修理に出さないとどうにもならないので修理に出すのは決定なのですが、更に以下の質問を投げかけてみました。

  • ファームウェアバージョン1.0.3の公開を取り消した理由はファームウェアデータの不具合ということはないのか
  • ファームウェアデータはUSサイトからダウンロードしたが、日本語サイトでいまだにファームウェアデータの公開がないのはなぜか

その回答がこちら

ベンキューグループは、各国(地域)での独立採算制を行っておりますので、サポートは各国で異なります。

また、現状において、日本ではユーザーご自身によるファームウェアの更新を想定していないことから、ファームウェアの公開はいたしておりません。

よって、詳細は不明のため、ご案内差し上げる事が出来かねております。

ですって!

なんかひどくないです?日本で買ったらファームウェアアップデートできないんですって!

他の国では公開されてるし、アップデートファイルの内容も共通なのに!!

じゃあこの製品ページに書いてある部分嘘かよ!消しとけよ!と

まぁうだうだいっても仕方ないし、修理に出しました。

修理対応は結構迅速で優秀だと思いました。

  • 10/10の深夜に初回問い合わせ
  • 10/10日中に回答あり。その日の内に何度かやりとりし、正式に修理申し込み。
  • 10/11に修理受付番号が発行され、サポートセンター宛に製品を発送
  • 10/18、修理の見積もりが届く。確認しその日のうちに入金。入金確認のメールの中に「すでに修理は完了すぐ発送手配する」とあり。
    その数時間後、「出荷のご連絡」メールが届く。
  • 10/19、製品受け取り

という流れでした。

かかった費用は下記の通り。

  • 送料1900円(ヤマト)
    ※こちらから発送時のみ負担
  • 修理費用15000円+消費税1500円
  • 合計18400円

でした。

なかなか痛い出費でした…


※2019/11/14追記
久々に日本語ページ見てみたらファームウェアアップデートのところに注釈が追加されてましたw
結構問い合わせあったんかな?

修理後の製品

修理から返ってきたHT3550を確認してみると…

ファームウェアバージョンが1.0.3になってました!

ファームウェアバージョン1.0.3

え?サイトではまだ公開してないのに??
※2019/10/20時点

ってかアップデートできるなら日本でも公開してくれよ…と思いますよね…

この製品って割と不具合抱えてるのでアップデートできないとダメじゃないのかと思います。

発売日に購入してBenQサポートの言い分通りにしてたらずーっと初回のファームウェアバージョン1.0.0のままですよ。

本当の意味でちゃんとするならファームウェアアップデートもBenQサポートに送ってやってもらわないといけないってことですよね。

それだけでも多分有償だと思います。興味のある人はサポートに聞いてみてください。

私はこれからも自己責任でファームウェアアップデートやります!

ただ今回みたいに公開されて即実行はやめますけどね。

海外のフォーラムでそのバージョンの話題が上がってから実行しようと思います。

1.0.3はまったく話題になってないんですよね。私が確認したタイミングがめちゃくちゃ最悪だったということでしょう…


口酸っぱくなりますが、HT3550のファームウェアアップデートは日本では提供されてないので自己責任でやるしかありません。

なので本当に気をつけて!

今回の内容で今後BenQの製品を購入するのに躊躇しそうです。

HT3550は悪くないと思いますが、今すぐ欲しいのでなければちょっと待ってエプソンの新型とかにしといたほうがいいんじゃないかなと。

超短焦点…いいなぁ。

2019/11/28追記
ファームウェア1.0.4もまたエラー?

この11/27にファームウェア1.0.4が公開されたんですが、早速不具合が出たらしくUSのファームウェアダウンロードページを一時的に削除したようです。
現在404になります。

マジですぐアップデートしなくてよかった…

ただ削除されたのはUSのページのみらしく、EUサイトのページは普通にダウンロードできるようになってました。
(後にEUサイトでは1.0.2に戻ってました)

ベンキューグループは、各国(地域)での独立採算制を行っておりますので、サポートは各国で異なります。

という、前回もらったBenQの回答どおり国で管理が全く違うみたいですね。

不具合情報くらい共有すればいいのに…ダメだなぁ。

ちなみに1.0.4の不具合は、HDR表示の時になんかおかしくなるみたいです。

他にも不具合ありそうですけど。

掲示板には1.0.3に関する書き込みもあって、やっはりこのバージョンは問題あったらしく「レンガになったプロジェクターをBenQに送り返さないといけない」的なことが書かれてました。

やっぱファームウェアの不具合じゃん!これで2万近い費用取られたとか…

それに修理から帰ってきてから、画面下の方に変なラインが出るようになったり画面分割の不具合が再発しました。

初期不良の時でもPS4では分割部具合は発生しなかったのに修理返ってきてからはPS4で発生しました。

↓画面下のラインはこんな感じ。中央と右端にでます。
出ない時もあれば色付いてる時もあるし真っ黒の時もある。

HT3550
HT3550

なんかもうむちゃくちゃよね。

ひどいわ。BenQ大丈夫かよ。


おもしろかった・役に立った
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • line
▼ブログランキング参加中!クリック!▼
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

Comment

  1. 道行 より:

    記事拝読しました。あまりにひどい対応ですね!
    PC用のモニターなどBenQ製品を購入予定でしたが、他のメーカーに変更することにしました。
    不安過ぎてBenQ製品には今後手を出せそうにありません…
    私の使用している当該機でも相変わらず不具合(?)が頻発。
    2~3時間に1回は画面の左右で色合いが大幅に変わります。
    画面設定をいじると元に戻るので、何とか視聴には耐え得る症状ですが…
    アップデートが厳しいとなると、万策尽きた感じですね。無念。

    1. あつお より:

      コメントありがとうございます。

      症状お伺いすると完全に不具合品だと思うんですけどね。私は初期不良交換してからほとんどその症状にはならないので完全に個体の問題かと思われます。
      海外のフォーラムにもそのような症状が上がってたので多分サポートにはそれなりの数の問い合わせがいってると思うんですけどね。

      アップデートですが、私的には「ファームウェアアップデートに失敗して有償修理」よりも「日本ではファームウェアアップデートを提供しない」と言い切ったところに憤りを感じています。
      アップデートの失敗は私の環境の問題かもしれませんしそれはこちらでは判別つかないので有償修理と言われればそうなんでしょう。
      ただ、他国では提供しWEBサイトの製品ページにもファームウェアアップデートの記載があるにも関わらず、国内での提供なしはどう考えてもおかしいでしょう。
      しかもその事をサポートに聞かないとわからなかったというのも問題ですね。
      私もよほどの事がないかぎりBenQ製品はスルーです。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください