Secura Vita

Category: Blog , AV・家電
Blog

REGZA(東芝)のクソ対応とジョーシンの神対応!REGZAは絶対不具合を認めないし確認もしない!メーカー保証に期待してはいけない!初期不良対応は無いものと思え!

REGZA(東芝)のクソ対応とジョーシンの神対応!REGZAは絶対不具合を認めないし確認もしない!メーカー保証に期待してはいけない!初期不良対応は無いものと思え!
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • line

先日購入したREGZA 55X8900Kですが返品することになりました。

私としては当初初期不良で普通に対応してもらえれば特に問題はなかったのですが、一向に対応してくれずこっちの言うことを全く信用していない感じだったのでだんだん怒りを覚え我慢できなくなり購入したお店に対応を求めると快く返品を受け付けてくれました。

この差よ…

というわけでその辺の流れを書いていきたいと思います。

REGZA 55X8900Kの不具合

私が購入したテレビで起こった不具合は音声部分です。

リニアPCMマルチチャンネルを入力するとどうやってもサラウンドでAVアンプに送られないというもの。

リニアPCMマルチチャンネルで出力する機器はゲーム機にになるので、Nintendo SwitchやPlaystation5になります。

ゲーム機→テレビ→アンプの状態でeARC/ARC/光デジタル関係なくステレオにしかなりません。

Playstationは音声出力形式を選べるのでDolbyにすると問題なくサラウンドで出力されます。

SwicthはPCMのみなのでどうやってもステレオでしか出力できません。

Swicthを繋いでeARCにするとアンプ側の表記がサラウンドになるのですが出てくる音はノイズというかバリバリというかそんな変な音しか出ません。

ARCに戻すとステレオになります。

X8900Kには外部出力時にどういう形式で音声を出すが選択できます。

オート、DolbyAudio変換、デジタルスルー、PCMとあるのですが、どれを選択しても出力はPCMステレオから変わりません。

X8900Kは今入力されてる映像や音声の情報を見れるのですが、そこもマルチチャンネルPCMで入力してても「PCM/ステレオ」になります。

Dolbyのサラウンドはちゃんと「Dolby digital/サラウンド」となります。

あと、後に発覚した不具合ですが、ChromecastをAVアンプに接続した状態でテレビの入力を切り替えると毎回「前回と違う機器が接続されました」とでます。

Chromecast「前回と違う機器が接続されました」→地デジ→Chromecast「前回と違う機器が接続されました」

です。

以上が私の購入したテレビで起きてる不具合になります。

ちなみに以前持っていたSONY KJ-55X9500Hでは上記の不具合はどれも起こっておらず、その時使用していた機材と同じものを使用しています。

ARC/光デジタルでもちゃんとDolbyに変換してサラウンドで再生されてました。

サポート

家に届いてすぐに発覚した不具合なので当日にメーカーサポートにメールで問い合わせました。

翌日にはよくあるテンプレ(あれ試せこれ試せ)が来て、これがだめなら電話で問い合わせろということだったので電話しました。

そこでまた不具合の内容を説明し、一つ一つサポート担当の人の指示で設定を変えて試していきました。

もちろんそんなことはすでに試し済みだったので解消することはなく、ちょっと時間くだいさいということでその日は電話を切りました。

そこから3日たっても折り返しがないのでテレビを購入したジョーシンに電話し事情を話したところジョーシンからメーカーに確認取ってもらえました。

結果としてはメーカーとしては現在対応しているが内容が複雑なためもうちょっと待ってほしいということで、ジョーシンの方とも話した結果週明けまで待つと言うことになりました。

するとその電話の数時間後にメーカーサポートから電話がかかってきました。

今調べてて追加で聞きたいことがあると。…なんだと思います??

「その症状が出るとき何のゲームしてましたか?」

はぁ??何のゲームしてるかは関係ないと。本体の設定で音声設定があるんだけど?前に電話しながら試してたときもゲームなんか立ち上げてないけど??

この辺からちょっとイライラして来ましたがグッと堪えて「何のゲームしてたかとかは関係ない。以前電話しながら音声チェックしてたときもゲームは起動していない。」と言い返しました。

あとこのときにChromecastをAVアンプに接続した状態でテレビの入力を切り替えると毎回「前回と違う機器が接続されました」とでるという不具合も伝えました。

この不具合は最初に電話した後に気づいたんですよね。

まぁ色々言われましたが、結果

「それは仕様です」

らしいですよ。

私がちょっとイライラして「このテレビ不具合多すぎないですか?」というと返ってきた返答がこちら。

「不具合ではないです」

??

「AVアンプに限らず外部でHDMIさせる機器っていっぱいありますよね?このテレビ使ってるとそういった機器にChromecastを接続して使えないということですか?」

という問いには無言でした。

まぁこの問題はいいわ。と思い話を音声の不具合の件に戻しました。

で、結局また時間くださいとなって電話を切りました。

私的にもどんどんイライラが溜まってきてたんでREGZAのTwitterにリプライ飛ばしてたんですよね。

そしたら前の電話の2日後に返信がきてTwitter担当からもサポートに伝えておくというものでした。

そしたらその数時間後にサポートから電話がかかってきました。

どうやらここのサポートはこちらからアクションを起こさないと折り返ししてこないみたいです。

でね、このとき言われたのが

「こちらでZ〇〇(型番忘れたけど違うテレビ)とDENONのアンプで試しましたが症状確認できませんでした」

ん??不具合出てるテレビX8900Kなんだけど??アンプも違うし。

どうやらX8900Kが用意できないらしい。なんじゃそら。これ現行モデルだぜ??アンプは仕方ないけど自社の現行モデルを用意できないメーカーサポートって何なの??

ということはですよ、最初に不具合報告してから数日間あれこれ説明受けて都度検証に時間かかると言われ待ってたけど、その間不具合が出てると伝えた機種を一切さわってなかったってことじゃん?何してたの?

もうね、いままで我慢してきたのがちょっとずつ崩壊し始め自然と語気が荒くなるのを自分でも止められない状態になってきてしまいました。

「以前あった似たようなケースと同じようにしても再現できず」

だから、私が買ったテレビ固有の問題ってことでしょ?

そのサポートが狂ったようにeARCeARCって言うから

「前から言ってるようにeARCとかARCとか光デジタルとか関係なくPCMマルチチャンネルの音声がテレビ側でちゃんと受け取れてないんです。
PCMマルチチャンネルはARCや光デジタルで送れないの知ってますが、その場合テレビ側で送れる形式に変えますよね?前使ってたテレビはARCでもちゃんとDolbyのサラウンドで再生されました。」

と言うと

「PCMマルチチャンネルの入力をテレビ側でPCMステレオとしてマルチチャンネルを弾く仕様はある」

みたいなことを説明されました。

嘘でしょ?このご時世そんなテレビあんの?

「ということはですよ?eARCに対応していないサラウンドシステムを接続してPCM強制のNintendo Switchをこのテレビに接続した場合、どうやったってサラウンドで再生されないってことですよね?そんなテレビあるんですか?」

という質問をすると驚きの返答が。

「あります」

うわ!断言したぞ!嘘でしょ…

「欠陥じゃないですか」

「欠陥じゃないです」

今までのやりとりでうすうす気付いてはいましたが、この人達はどうしても不具合と認めたくないみたいです。

「じゃあ見に来いよ。違うテレビで検証したって同じ不具合出るわけ無いじゃん。で、この問題が他に上がって来てないっていうなら私が購入したテレビ固有の問題ってことでしょ?不具合確認するなら見に来るしかないでしょ。逆にどうやって証明したらええねん。」

「訪問はできません」

??は??

「訪問したとして原因がそちらにあれば出張料金いただくことになりますが?」

もう確信したね。完全にこっちの言う事信用してない。だからこっちが言ってる不具合も確認する気ないんだわと。

もういいわ。返品するとなったわけです。

この時は実際返品できるかどうかはわかってなかったですが、もうこのサポートと話ししてんのも嫌だし第一解決する気がないから意味がない。

最悪テレビ捨ててもいい!くらいに思って電話を切りました。

上記以外にサポートと話してて思ったことですが、自社製品への理解がなさすぎです。

音声設定をさわってる際に何度か「これはどういうことなんですか?」とか「今こういう状態ですが実際はどういう状態になるのが正しいんですか?」みたいなことを聞いても「わからない」という変更が返ってくることがありました。

そこもまぁイライラポイントでしたね。

ジョーシンの神対応

サポートの電話切った後に望み半分でジョーシンに連絡しました。

前回担当してくれた方がお休みということだったので、別の方に対応していただきました。

こちらが事情を話し「できれば返品対応していただけるとありがたい」という旨を伝えると、「わかりました。一度こちらから東芝の方に確認してみます」と。

前回と違う方に話ししたのに理解が早いし対応スムーズでした。

少し待ったあと回答が。

「ジョーシンで返品対応させていただきます」

どうやらメーカーからは返品断られたらしく、ジョーシン持ち出しの返品対応してくれるらしい。

しかもREGZAサポートみたいに何日も開けるんじゃなくて即決ですよ?まさに神対応でした。

まぁ買ってまだ1週間も経ってないということも大きかったと思います。

これがメーカー保証内とは言え購入後数ヶ月とか経ってると多分こうはいかなかったと思います。ある意味初期不良でよかった…

応対もものすごい丁寧で親身になっていただいたのでもう感謝感謝ですよ。

さっそく本日返品処理に店舗に行き、同時に新しいテレビ買ってきました。

しかも返品したREGZAより高いランクのものを買いました。

欲しかったっていうのももちろんありますが、もともと返品できなかったらすててやろうとまで考えてたのでその分上乗せと、あとは神対応してくれたジョーシンへの還元という意味も込めて。

今回思ったけど、高額なものは実店舗で買うのが安心だなぁと痛感しました。

今まで家電はネット通販で買うことが多かったですが、これからはちょくちょくジョーシンで買い物しようと思います。

お買い物はジョーシンで。

ジョーシンアプリ

ジョーシンアプリ

上新電機株式会社無料posted withアプリーチ

結論

REGZA買うな!

です。

不具合がなければいいですが、出たときには目も当てられない惨状になること必至です。

この話を友人にしたところ、その友人の親宅で買ったREGZAも不具合出てるらしい。

しかも買ったばっかりなのに交換を拒否られたらしい。

REGZA(東芝)ってこんなですよ。


おもしろかった・役に立った
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • line
▼ブログランキング参加中!クリック!▼
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

ソースコードを記入する場合は [code]~[/code] でくくってください。
[code]
echo "Hello World";
[/code]

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください