Secura Vita

Category: Blog > Favorite > ゲーム » PlayStation 4 proは買うべきなのか?
2016/10/10
Blog

PlayStation 4 proは買うべきなのか?

PlayStation 4 proは買うべきなのか?

最近はPSVRに始まりゲームの事ばかり考えてます。

そしてPS4proが欲しいんだけど果たして買うべきなのか…迷ってます…

2016/11/10:購入しました!

PS4Pro購入!SSDのロードや消費電力など。(2016/11/10)

スポンサーリンク

なにがどう変わったのか

PS4proは従来のPS4に比べてなにが変わったのか。

  • CPUは同じで動作クロックアップ(約1.3倍?)
  • GPUは大幅に性能アップ(約2.3倍)
  • メモリは同じでスピードがアップ(約1.2倍?)

とまぁこんな感じでほぼグラフィックの性能アップに特化したものになってます。

4K/HDR出力対応ってとこがメインなようですね。

その他、720pなどで作られたゲームも1080pまでアップスケールできるようです。

なにを悩んでいるのか

まず大きなところに私は4Kテレビを持っていないということ。

今のところ買う予定もないですし。

で、気になるのが非対応のゲームがどれほど高品質になるのかというところですが、その辺あまり語られていないので謎です。

PS4proのデモに使われているのが、当然といえば当然でPS4pro対応のものだからです。

それを見る限りは「すげーキレイになるじゃん!」なんですけど、4K持ってないし…

それとPSVRについても、PS4proでもっと高品質な体験を、ってなことが書かれてますがこれまたPS4pro対応のソフトでの記事でした。

まだPS4pro対応ってソフトもほとんどないし、過去の資産やこれから楽しみなゲームがいっぱいでることから

  • pro対応でないゲームはグラフィック向上・フレームレート向上はどの程度あるのか?
  • pro対応でないPSVRのゲームの解像度アップはあるのか?

この2点で悩んでます。

特にPSVRに関してはハードのスペック上解像度が若干低いらしいので対応・非対応にかかわらずどの程度解像度が向上するのか?ってとこが1番気になるところですかね。

Q: PS4®ProでPS VRは使えますか?

はい。現行モデルと同様にPS4®ProはPS VRに完全に対応します。ただし、PS VRが表示できる解像度は1920x1080までで、4K出力には対応していません。また、PS VRはHDRに対応していません。
ただし、PS4®Proの高度な処理性能により、グラフィックスの品質向上、より高く安定したフレームレート、もしくは映像表現の向上を通じて、その体験をさらに高めることができます。

PlayStation®4 Pro:よくある質問

この辺は発売後でしか情報でないと思うので、ちょいちょいチェックしていきたいと思います。

欲しい度はかなり高いので、少しでもポジティブな情報があれば買おうかなと思います。

PS4proの残念なところ

大きくグラフィック性能がアップしたPS4proですが、その他の性能は従来のものとほぼ同等でした。

CPUが低性能のまま

互換性を保つのが最低条件なようでしたのでここは仕方ないのかな。とは思いますがちょっと弱い気がする。

でもここを変えちゃうとそもそも「PS5でいいやん」って事になりそうだから、やっぱ仕方ないんでしょうね。

メモリが同じ

グラフィックが格段にアップしたのにメモリは据え置きです。なのでリッチなテクスチャとかは使われない模様。

基本PS4で動くことがルールらしいので本当に解像度が上がるだけなようですね。

でも4Kなんてなると絶対メモリ食うと思うんだけど…pro対応用に+数GB足しといても良かったのにとは思う。

2016/10/21追記:メモリが1GB追加されている!

ストレージがSATA2接続

ここはSATA3に変わると思ってたんだけどSATA2のままなようです…超残念…

しかも従来のPS4はSATA2-USB3.0のブリッジ接続らしくSATA2の能力さえ満足に出せていないらしい。

そりゃSSD載せてもあんま変わんないわけですね。

でproも仕様は変わらないみたい。せめてSATA2の直接続になってくれてたらいいんだけど。

「pro」なんだしSSD載せてロード速く!って考えてたんですけどその夢は絶たれました。残念。

2016/10/13追記:PS4proはSATA3採用のようです!

その他、消費電力があがってたりUHDBDに対応してなかったりとか色々ありますけどその辺はあまり気にしてないです。

要は自分の仕様用途でどれくらいの恩恵があるかってところですね。

で、結論

4K/HDRのテレビ持ってる人は買いでしょう。

4K持ってない人はスリムでもいいと思う。

買い替えもpro対応のソフトいかんで決めればいいかなと思います。

ただPSVRについてはなんとも言えないのでここは様子見でいいんじゃないでしょうか。

SATA3キター!!

2016/10/13更新:

なんと!!PS4proはSATA3が採用される模様!!これはほんとに買いか!!

PlayStation 4 ProのSerial ATAインタフェースは「Revision 3.0」(6Gbps)対応に――SIEが予告

これでロードが短縮される!HDDのままでも結構差がでそうなんだけどやっぱSSDにするべきかな。

ともあれ、あとはレビュー待ちなんですが…物欲に負けて買ってしまいそう…

メモリが1GB追加されている!

2016/10/21更新:

「pro対応用に+数GB足しといても良かったのに」と書いてた矢先、そのとおりになりましたw

DDR5メモリ8GBは変わりませんが、1GBのDDR3メモリが追加されているようです。

PlayStation 4 Proには余分なRAMが1GBある│IGN

やっぱり高画質の描画にはメモリが余分に必要だったようですね。

ゲーム以外のアプリケーションはそのDDR3メモリに退避させ、ゲームで使用できるDDR5メモリの容量を増やすようです。

前のSATA3に始まり、後出しでちょこちょこ嬉しい情報がでてきました!
これは買うっきゃない!

スポンサーリンク
おもしろかった・役に立った